「私のカルテ」(がん治療連携計画表) について | 来院される方へ | 国立病院機構 熊本医療センター

「私のカルテ」(がん治療連携計画表) について

「私のカルテ」とはなんですか?

 熊本県では、がん患者さまによりよい医療と安全の提供を行い、 がん治療による不安・悩みを軽減することを目指し「私のカルテ」 (がん診療連携計画冊子)を作成しました。
  • 患者さまご自身が管理するカルテです。
  • 専門病院(がん診療連携拠点病院)とかかりつけ医と 情報を共有し、同じ診療方針のもと患者の診療を行います。
  • 患者さま自身が今後の治療内容とこれまでの経過を 一目で把握することができます。

誰でも「私のカルテ」をもらえますか?

 対象となる病気が決まっています。
 以下の病気の方が対象です。
胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝臓がん、その他
前立腺がん
婦人科がん(卵巣がん、子宮頸がん、子宮体がん)

「私のカルテ」はどこでもらえますか?

  まずは当院(がん診療連携拠点病院)の主治医にご相談下さい。 主治医が必要と判断した場合、担当者から詳しい説明を行います。

  説明を受けられた後、納得し使用したいなと思ったら同意書にサインをして下さい。
 *算定要件を満たす場合、保険上の料金が発生することがあります

「私のカルテ」を持つことのメリットは?

  • 治療計画を一目で把握することができ、今後の計画や病気を理解できます。
  • かかりつけ医をもつことで診察の待ち時間と通院時間の短縮につながり、身体的負担の軽減につながります。
  • カルテの中に医療者に伝えたいことが記載できます。
  • 共同診療計画表に基づき診療を行うため、検査の重複をさけることができます。

実際どうやってカルテを使うのですか?

 ※「私のカルテ」の使用を途中でやめるのは自由です。

ページトップへ