院内がん登録 | 来院される方へ | 国立病院機構 熊本医療センター

院内がん登録

はじめに


 日本人の約2人に1人が、一生のうち一度はがんに罹患し、年間約60万人が新たにがんに罹患し、医療機関を受診しているという時代です。まさにがんは、今やわれわれ日本人にとってごく普通の疾患になっています。
 また、最近の特徴として高齢者、多重がん、認知症患者や、働きながらがん治療を必要とする人、在宅で緩和医療を受けている人たちなど、多様な病態・状態のがん患者が存在しています。
 一方、我が国のがん対策は、がん診療連携拠点病院指定や平成18年のがん対策基本法の成立、同19年のがん対策推進基本計画の制定などにより、がん診療均てん化が促進され、同25年末には、がん登録が法制化されました。このことにより、がん対策が一段と進展すると期待されています。
 当院では、以前より院内がん登録を開始し、熊本県のがん登録推進事業に参加してきましたが、平成26年より、当院独自の腫瘍集計報告をつくり、広く一般の方々に当院のがん登録の現状をお知らせすることにしました。
 本報告が熊本県がん診療の充実の一助になることを願っております。


平成30年4月吉日

  診断症例
  各種がんにおける5年生存率
 5年生存率とは、「がんの治療開始から5年後に生存している人の割合」のことを指し、がんの治療効果を示します。0期、Ⅰ期とあるものは、がんの進行度(大きさ、他臓器への広がり)を分類しており、一般に進行度の高いほうが治療は困難です。
 今回の調査では、亡くなられている患者さんは、がん以外の死亡も含まれています。高齢者の場合、他病死のために5年生存率は低くなることがあります。このため大まかな目安として考えてください。

ページトップへ