学校案内 | 国立病院機構 熊本医療センター

沿革

本校は昭和19年国立熊本病院の前身である陸軍病院の看護婦養成所として開設しました。
 昭和20年厚生省移管に伴い、国立熊本病院発足と同時に同附属養成所となり、以来医療をとりまく社会情勢に対応できる看護師の教育をめざして教育課程の改正を重ねてきました。

平成16年4月、独立行政法人化に伴い国立熊本病院から国立病院機構熊本医療センターへと名称が変わり、本校も国立病院機構熊本医療センター附属看護学校と改称。現在に至っています。

平成29年3月現在、2,671名の卒業生を輩出し、保健医療の各分野で活躍中であり、その活躍の場は世界に広がっています。

位置・環境

熊本市のほぼ中央に位置し、天下の名城熊本城の一角にあって周辺は緑豊かな公園区域であり閑静で学習に適した環境にあります。

特色

本校は、看護師として必要な専門教育は勿論のこと学生が主体的に活動できるように、文献学習、体験学習等を多く取り入れています。講師陣は専任教員のほか国立病院機構熊本医療センターの医師・看護師や近隣の大学教授が専門性を生かした授業を行っており、看護師国家試験は、毎年ほぼ100%の合格実績を残しています。 また、学生は自治会活動やサークル活動、ボランティア活動等で楽しく充実した学生生活を送っています。 平成16年に竣工した校舎はIT設備や実習関連教材・設備を強化し、学生生活を支援しています。


情報科学室

在宅看護実習室

基礎看護実習室

教室

課程および学科

看護専門課程(看護学科)三年課程

定員および修業年限

学年定員 40名、総定員 120名、修業年限 3年

教育理念:自主、責任秩序、融和

国立病院機構熊本医療センター附属看護学校は、生命の尊厳を基盤とした豊かな人間性を養い、国立病院機構および社会に貢献できる自律した看護師を育成します。学生は「自主・責任秩序・融和」の精神に基づいて、自主的に学習・判断し、責任ある行動と人間的調和がとれる看護専門職を目指します。

教育目的

看護師として必要な知識・技術・態度を身につけ、独立行政法人国立病院機構及び社会に貢献し得る有能な人材を育成する。

教育目標

1)看護の対象である人間を身体的・精神的・社会的に統合された生活者として理解する。


2)人々が生活するうえでの健康の意味を、環境との相互作用の観点から理解する。


3)対象の生活をよりよくすために、科学的根拠に基づいた看護が実践できる基礎的能力を養う。


4)人々の多様な価値観を尊重し、専門職業人として倫理観に基づいた看護を実践できる能力を養う。


5)保健医療福祉制度とそれに関わる職種の役割を理解し、チーム医療を実践するための基礎的能力を養う。


6)生涯にわたり自己を啓発し、国際的な視野にたって活動できる姿勢を養う。

卒業後の資格

1)専門士(医療専門課程)の称号が授与されます。


2)看護師国家試験受験資格を得ることができます。


3)国立病院機構熊本医療センターを始めとして国立病院機構への就職の選択肢が広がります。


4)保健師・助産師学校受験資格が得られます。(国立病院機構に助産師課程があります)

臨地実習施設

臨地実習は主として、国立病院機構熊本医療センターで行います。

国立病院機構熊本医療センターは、診療科数病床数550床を有し、救命救急医療、政策医療、高度先進医療を中心にした総合診療および教育研修、研究、国際医療協力と広範な分野にわたり積極的に取り組んでいます。

また、看護部は、質の高い看護を提供するために教育・研修が充実しており、学生の指導においても全病棟に実習指導者が配置され高い教育効果をあげています。

新病院が、平成21年8月に完成し、快適な実習環境を提供しています。

院外実習としては、介護老人保健施設、訪問看護ステーション、老人ホーム、幼稚園等があります。

諸経費等(平成30年度)

1)入学金 200,000円


2)授業料 年額 500,000円(前期・後期2回に分けて納入)
※その他、教科書代および教材費が必要です。

★在学中の教科書・参考書・その他の教材は自己負担となります。

●教科書・参考書(3年間)・・・・・・約200,000円
●学習に必要な経費(研修・教材費など)

*1年生・・・・・・ 約60,000円(教材・ユニホーム代等)
*4月に直接業者に納入となります。
*2年生・・・・・・ 約20,000円(教材・模擬試験費用等)
*3年生・・・・・・ 約50,000円(模擬試験、国家試験費用等)

※その他行事や実習にかかる交通費などの負担等があります。
※授業料、諸費用につきましては、入学後(4月以降)の納入となります。
※上記金額はすべて税抜きとなります。


3)日本学生支援機構や独立行政法人国立病院機構奨学金自治体の奨学金制度があります。


4)通学には、JR、市電、バスの学生割引が適用されます。

その他について

●健康管理医による健康診断を年2回行っています。

●寄宿舎はありません。

●修得単位の認定制度があります。

*放送大学やその他の大学、もしくは高等専門学校または以下の資格に係る学校もしくは養成所に在籍していた方。

○歯科衛生士  ○診療放射線技師  ○臨床検査技師  ○理学療法士
○作業療法士  ○視能訓練士    ○臨床工学技士  ○義肢装具士
○救急救命士  ○言語聴覚士


●社会福祉士および介護福祉士の養成施設などに在籍していた方

ページトップへ