学校概要 | 国立病院機構 熊本医療センター

学校長挨拶

髙橋 毅

国立病院機構熊本医療センター附属看護学校のホームページにアクセスしていただき有りがとうございます。皆さんは、看護に興味を持たれ、看護師になりたいなあ、あるいは、どこの看護学校へ進学しようかなあ、と思案されているのではないでしょうか。

当校は、日本有数の高度急性期病院である国立病院機構熊本医療センターの附属看護学校ですので、本校独自のいくつかの特徴がございます。その一部をご紹介させていただきます。少しでも皆さまの参考になれば幸いです。

  • 実践重視のハイレベルな講師陣が教育します。日本有数の救急病院である国立病院機構熊本医療センターを担う、現職の専門医による最新の臨床医学教育を行います。また、経験豊富な専任教員と、第一線で活躍中のベテラン看護師・認定看護師・専門看護師を中心に、看護学を判りやすく教育します。
  • 皆さんが所属する母体病院が実習施設です。550床を有する熊本医療センターは、高度急性期に特化したすべての診療科が揃い、170名の医師と600名の看護師が皆さんの実習のお手伝いをします。
  • 医療者向けの教育設備と機能が整っています。講義は病院敷地内に独立する校舎で行います。病院の施設である医療者向けの図書室や、e-ラーニング、シミュレーターも学生の皆さんは使用することができます。また地域医療研修センターで行われている、医療者向けの様々なセミナーや講演は無料で聴講することができます。
  • 通学・勉学に最適な環境です。学校・病院とも、熊本城二の丸の城内にあり、政令指定都市の中心地にもかかわらず、美術館・博物館たたずむ緑ゆたかな恵まれた教育環境にあります。交通センターから徒歩5分で、国立病院シャトルバスも1時間に1本巡回しています。
  • 学生生活を楽しんで下さい。今年度末に完成予定の学食は、病院の職員食堂を兼ねています。豊富なメニューを学生価格で提供します。広大な展望食堂で仲間とのランチを楽しんで下さい。喫茶、コンビニエンスストアも充実しています。
  • 学生の皆さんの健康管理は、熊本医療センターが責任を持って行います。安心して、勉学、サークル活動、ボランティアにいそしんで下さい。
  • 卒業後は、国立病院機構の病院や、皆さんが希望される公立病院、公的病院へ全員が就職できますよう全力で支援いたします。

以上、当院の特徴をいくつか列挙させていただきました。あこがれの看護師への夢を当校でかなえてみませんか? 精一杯お手伝いさせていただきます。

平成30年4月


学校職員紹介

学 校 長 髙橋 毅
副学校長 大塚忠弘
事 務 長 植松 裕
事務主任 毛利安則

沿 革

本校は昭和19年国立熊本病院の前身である陸軍病院の看護婦養成所として開設しました。昭和20年厚生省移管に伴い、国立熊本病院発足と同時に同附属養成所となり、以来医療をとりまく社会情勢に対応できる看護師の教育を目指して教育課程の改正を重ねてきました。

平成16年4月、独立行政法人化に伴い国立熊本病院から国立病院機構熊本医療センターへと名称が変わり、本校も国立病院機構熊本医療センター附属看護学校と改称、現在に至っています。

平成30年3月現在、2,705名の卒業生を輩出し、保健医療の各分野で活躍中であり、その活躍の場は世界に広がっています。


1944年(昭和19年) 熊本陸軍病院に附された陸軍看護婦養成所として発足する。
1945年(昭和20年)12月 国立熊本病院への移行とともに附属看護婦養成所となる。
1948年(昭和23年) 4月 保健婦助産婦看護婦法の改正に伴い、国立熊本病院附属高等看護学院と改称する。
1973年(昭和48年) 7月 病院敷地内に新校舎と寄宿舎が竣工される。
1975年(昭和50年) 4月 厚生省組織規定の一部改正により、国立熊本病院附属看護学校と改称する。
1976年(昭和51年) 4月 学校教育法第82条の21に規定する専修学校となる。
1990年(平成02年) 4月 保健婦助産婦看護婦養成所指定規則、指導要領の改正により、医療を取り巻く社会情勢に対応できるよう配慮し、ゆとりある教育を目指したカリキュラムとなる。
1995年(平成07年) 7月 文部省告示第7号により、専門士と称する専門課程として認められる。
1997年(平成09年) 4月 保健婦助産婦看護婦等学校養成所指定規則の一部改正により、教育内容の充実とともに 単位制が導入される。
2004年(平成16年) 4月 独立行政法人化に伴い、独立行政法人国立病院機構熊本医療センター附属看護学校と改称する。
2008年(平成20年) 4月 保健師助産師看護師学校養成所指定規則の一部改正により、看護実践能力を強化するため教育課程が改正となる。

教育理念

 本校は、「自主・責任秩序・融和」の精神に基づき、生命の尊厳を基盤として豊かな人間性をはぐくみ、科学的根拠と倫理に基づいた質の高い看護実践ができる看護の専門職業人を育成します。

教育理念


「 自主 」
 常に物事の真髄に目を向け、広い視野に立って自分の力で考え、自ら課題を発見できる学生を育てます。そして一人ひとりが自発的に行動し、それぞれの力を十分に発揮できるように支援します。
「責任秩序」
 組織の中で看護の専門職業人としてのモラルを身につけながら、最後まで役割を果たすことができる学生を育成します。その中で学生が自分の存在価値を認め、成長していけるよう支援します。
「 融和 」
 一人ひとりの個性や人権を互いに尊重し、相手の立場に立って行動できる学生を育成します。そのためには、様々な意見や考えに触れることで相手をよく知り理解できるように支援します。その中でよい影響を与え合い、さらに新たなものを創り出し未来を変えていく力につなげます。

教育目的

看護師として必要な知識・技術・態度を身につけ、独立行政法人国立病院機構及び社会に貢献し得る有能な人材を育成する。

目指す卒業生像

1)看護の対象である人間を身体的・精神的・社会的に統合された生活者として理解する。


2)人々が生活するうえでの健康の意味を、環境との相互作用の観点から理解する。


3)対象の生活をよりよくすために、科学的根拠に基づいた看護が実践できる基礎的能力を養う。


4)人々の多様な価値観を尊重し、専門職業人として倫理観に基づいた看護を実践できる能力を養う。


5)保健医療福祉制度とそれに関わる職種の役割を理解し、チーム医療を実践するための基礎的能力を養う。


6)生涯にわたり自己を啓発し、国際的な視野にたって活動できる姿勢を養う。

学校校舎

校歌

ページトップへ