研修医の声 | 国立病院機構 熊本医療センター

研修医の声

2年次研修医 矢野 雄久

 2年間の当院での研修も、もう終わりが近い時期にこの文章を書いています。2年次研修医の矢野と申します。
 学生の頃から、この科に進みたい!という確固とした気持ちを持っている方も居れば、漠然とした興味程度であったり、或は全く将来の展望が見えないような方も居られるかと思います。かくいう私も、研修を開始する前は、将来進む科を決めかねているような学生でした。
 当院は殆どの科が揃っており、2年間の研修でその全てを経験する事も可能なカリキュラムを組んでいます。特に2年目はかなりフレキシブルに研修科を選ぶことが可能な事が大きな魅力だと思います。多くの科を回って様々な症例を経験する事も、自分の興味のある科や関連する科に集中する事も可能です。その中で、自分が進みたいと思える科も自然と見えてくるかと思います。
 また、当院は全国でも有数の救急車搬送台数の多い病院です。3次救急病院であることもあり、軽症例から緊急症例まで数多くの経験を積む事が可能です。2年間の研修で、皆が自然と、ある程度の緊急時対応が可能になっているかと思います。
 多くの科が揃っているという事は、それぞれの科の持つ魅力が詰まった病院という事だと思います。それを今ここで説明するために言葉を尽くすのは、少し難しいようです。まずは見学に来て頂き、雰囲気をその身で感じて頂ければ、と思います。そのうえで、当院を研修先と選んでいただき、私も知らなかったような魅力を皆さんに見付けて頂けると幸いです。


ページトップへ