熊本大学連携大学院 | 医療関係の方へ | 国立病院機構 熊本医療センター

熊本大学連携大学院

熊本大学大学院 医学教育部 外科再建医学講座 臨床国際協力学分野


糖尿病・内分泌内科部長
西川武志

本分野は、国立病院機構熊本医療センターと 熊本大学大学院医学教育部 との間で2005年8月10日に締結された協定書に基づき、開講した連携大学院です。国立病院機構熊本医療センターに勤務する職員が、働きながら熊本大学大学院に在籍し、博士号を取得することを可能にしています。
 初代客員教授の芳賀克夫先生は2006年4月より、11年間在籍されました。また芳賀克夫先生の指導のもと、2011年3月には初めての医学博士号取得者を出し、これまで計3人が医学博士号を取得しています。
 2017年11月より、2代客員教授として、私、西川武志が就任しました。現在、博士課程大学院生4名が在籍中です。また、私の専門分野である糖尿病内分泌領域の臨床研究も開始しました。

ページトップへ