臨床研究部 | 医療関係の方へ | 国立病院機構 熊本医療センター

臨床研究部

画像検査予約の手順と注意

当院臨床研究部は、国際医療協力に関わる研究を大きな柱とし、これに付随した関連性のある研究を行っています。

臨床研究部長からのご挨拶


臨床研究部長
日髙 道弘

 熊本医療センター臨床研究部は、国際医療協力に関連する研究を柱として1993年10月に創設されました。以来、臨床現場に根ざした研究を推進するのみならず、国立病院機構の一員として全国143病院のネットワークを生かし、多施設共同臨床研究や大規模臨床研究などにも大きく貢献しています。また、当院基本理念である「最新の知識・医療技術と礼節をもって良質で安全な医療」の実践を確実なものとする役割を担っています。
 当院臨床研究部は1.特殊疾病研究室、2.予防医学研究室、3.情報調査研究室、4.技術開発研究室、5.病理研究室の5つの専門性の異なる研究室を持ち、各々の視点から研究成果を上げています。
 また、よりよい医療のために必要な新規薬剤の開発治験にも積極的に取り組み、研究成果をいち早く還元できるよう努めています。今後とも臨床研究を通じて、医学、医療の発展に資するべく引き続き取り組んでまいります。


臨床研究部からのお知らせ

沿革

当院は1985年4月に蟻田功院長が就任して以来、国際医療協力、特に、開発途上国の医療従事者の研修に力を注いできていました。1986年4月には、当時厚生省から国際医療協力基幹施設に指定されています。この国際医療協力の実績を背景に、1993年10月に臨床研究部が創設されました。当初は、当時の宮崎久義院長が事務取扱となり、1994年4月から河野文夫前院長が初代臨床研究部長に就任しました。

本臨床研究部の研究テーマは、発展途上国の医療協力に必要不可欠な領域の「感染症」が主体で、開発途上国におけるC型肝炎やHIV感染の疫学研究を行うと同時に、院内感染予防の国際ネットーワークを形成してきました。2000年10月にはエジプトのスエズ運河大学病院、2002年5月には中国の広西医科大学と姉妹病院の締結を行っています。

2008年4月からは河野副院長(臨床研究部長兼任)が副院長専任となり、外科医長芳賀克夫が臨床研究部長に昇任しています。2009年11月には、タイの国立コンケン病院、エジプトのファイユーム大学病院と姉妹病院の締結がなされ、活発に共同研究がすすめられました。加えて、独自の外科手術のリスク評価法であるE-PASSの有用性が広く認められ活用されています。

2017年9月、芳賀克夫部長が院長として天草中央総合病院に転出し、後任として11月に血液内科部長日高道弘が臨床研究部長に就任しています。

ページトップへ