医師募集

熊本医療センター 救命救急センター 医師募集

熊本医療センター 救命救急・集中治療部をすすめる理由

  • 日本救急医学会指導医指定施設です

    2016年1月に県内初の指導医施設に認定されました。高度な救急医療を研修できます。

  • 日本集中治療医学会専門医研修施設です

    集中治療専門医を目指して研修ができます。

  • 熊本県救急医療体制支援病院です

    熊本県防災消防ヘリの支援病院としてし、熊本型ヘリ救急体制(ドクターヘリと連携した2機体制)の一翼を担っております。

  • 全国救命救急センター評価 総合評価 九州1

    全国でもトップクラスの救急医療を行っています。

  • 日本医療機能評価機構 病院機能評価 救急医療機能 Ver.2取得

    2014年3月に認定されました。救急医療の質の向上にも取り組んでいます。

  • 熊本大学連携大学院

    社会人大学院生として、勤務しながら博士号の取得を目指すことができます。

  • 豊富な症例

    ERでは多くの重症患者を受け入れています。

    入院診療では、重症患者様の集中治療や、複雑な疾患を有する患者様の総合診療を行っています。

新専門医制度 救急科専門医研修基幹施設

2018年度救急科領域専門研修プログラムを公開いたしました(→日本救急医学会「救急医をめざす君へ」)。

当院は救急科領域専門研修プログラムの基幹施設です。

連携施設は熊本大学医学部附属病院慶應義塾大学病院荒尾市民病院山鹿市民医療センターです。これらの施設には救急科専門研修指導医がおり、高度かつ充実した専門研修を受けることが可能です。

関連施設は国立病院機構再春荘病院国立病院機構熊本南病院地域医療機能推進機構人吉医療センター水俣市立総合医療センター天草郡市医師会立天草地域医療センターです。これらの施設には救急科専門研修指導医は不在ですが、熊本県の地域救急医療の中核を担う二次救急医療機関で、地域に根差した救急医療を学ぶことができます。

是非、熊本医療センターのプログラムで救急科専門医を目指してみませんか?

救急科専門医取得後は、当院で救急指導医集中治療専門医を目指すことができます。

また内科・総合診療科も専門研修基幹施設ですので、救急科専門医取得後に総合内科専門医・総合診療専門医の研修も受けることが可能です。

熊本大学連携大学院もありますので、勤務しながら博士課程を履修し、臨床研究で博士号を取得することも可能です(現在4名の救急医が在籍中です)。国立病院機構救命救急センターのネットワークを生かした多施設共同研究を計画・実施することもできます。

救急医療・集中治療に強い熱意をお持ちの方、大歓迎いたします。見学なども随時可能ですので、下記までお問い合わせください。

問い合わせ先

〒860-0008 熊本市中央区二の丸1-5

独立行政法人国立病院機構熊本医療センター 管理課 給与係長 山並

TEL 096-353-6501(内線5621)

FAX 096-325-2519

E-mail 613sy01@hosp.go.jp

 

熊本医療センター 救急科専門研修プログラム 統括責任者

原田正公(救命救急センター長 教育研修科長)

E-mail masakoh@kumamed.jp