ヘリ救急

熊本型ヘリ救急搬送体制

熊本県は、熊本県防災消防ヘリコプター「ひばり」とドクターヘリとの2機体制による、「熊本型ヘリ救急搬送体制」を構築しています。

2010年8月に熊本県地域救急医療体制支援病院に指定され、2011年5月にヘリポートが竣工し、6月15日よりヘリポートの運用を開始しました。

ドクターヘリは主に現場救急事案に対応しますが、防災消防ヘリは主に重症患者様の病院間搬送に対応します。当院は、防災消防ヘリコプターの支援病院として、病院間搬送のマネジメントや、ドクターヘリが対応できない現場救急事案の補完を行います。

365日体制でフライトドクターが院内に待機しており、現場救急事案や当院への病院間搬送に対応しております。

日本航空医療学会認定指導者
山田周
木村文彦 金子唯(診療協力医)
認定フライトドクター
原田正公 北田真己 櫻井聖大 山田周 江良正 山下幾太郎
木村文彦 金子唯 田中拓道(診療協力医)
認定フライトナース
西野一史

熊本県地域救急医療体制支援病院(熊本県防災消防ヘリ支援病院)

当院は、熊本県地域救急医療体制支援病院に指定され、熊本県防災消防ヘリ「ひばり」の支援病院としての役割を担っております。365日体制でフライトドクターが待機し、ドクターヘリの補完と病院間搬送のマネジメントを行っており、熊本県全域の重症患者様の診療・搬送に貢献しております。

また、地域中核病院で治療中の重症患者(敗血症、中毒、広範囲熱傷、脳卒中、急性心筋梗塞、急性腹症等)で、救命救急センターへのヘリコプター搬送が必要な患者の最終受入機関となります。

また、モバイルテレメディシン・システムやロケーションポーターシステムなどのIT技術を救急車やヘリコプターに導入し、救急搬送中患者の12誘導心電図、バイタルサイン、画像、音声を県下すべての救命救急センターにリアルタイムに配信する病院前救急医療ネットワークシステム、いわゆる救急医療クラウドの構築を産学官連携の研究事業として行います。

1.熊本県防災消防ヘリの基幹病院として、地域の救急医療機関を支援
集中治療が必要な重篤患者の病院間搬送等の対応を通じて地域の救急医療機関を支援
防災消防ヘリの救助活動への助言等の支援
ドクターヘリが出動中の現場救急への対応
2.遠隔医療技術を通じた救急搬送の支援
モバイル・テレメディシンシステムの普及・啓発
搬送に時間がかかる地域からの事案をモニタリングし、指導・助言を行う
必要に応じて搬送先を助言
3.熊本県における搬送医学研究の推進
研究成果を通じたヘリ。救急自動車等による搬送の質を向上
研修会等の開催