【第200号】健康な生活を送るために | くす通信 | 国立病院機構 熊本医療センター

【第200号】健康な生活を送るために

くす通信

健康な生活を送るために

 【健康な生活を送るために】

 健康な生活を送るために最も大事なことは、規則正しい生活習慣を身につけることです。いかに沢山の健康のための情報があっても、これを実行する事ができなくては役に立ちません。自分に合った健康法を見つけたら、これをしっかり習慣として実行することです。

 早寝早起き、充分な睡眠(7時間程度)、三食を決められた時間に過食(腹7分位とする)にならないように取り、食べ物はできるだけ季節のもの(旬のもの)を食べ、特に野菜を多く取る。食後と寝る前の歯磨きを忘れない。成人では、歯磨きは歯肉と歯の間「歯周ポケット」を特に入念に磨き歯周病の予防に気をつける。歯周病は全身に影響を及ぼします。適度な運動は、通勤時に歩いたり、原則エレベーターを使わないなど工夫します。



 ストレスに対しては、まず明日のことは思い煩わず、今日のことだけを考える。寝る前に日記を書き、一日の反省を行い、明日やることの予定も立てる。思い煩うことがあれば、すぐに家人や親しい友人に相談し、一人だけでため込まない。休日の予定もあらかじめ立て、息抜きのための趣味や運動、グループ活動などを積極的に行う。また、日頃より趣味、読書、運動、美術鑑賞、音楽鑑賞、カラオケなどでしっかりストレス解消するように努めます。


 現代は、いろいろ生きにくい社会といわれ、誰でも悩みはあります。人の世話をする人はその分、人のストレスも抱え込みます。自分は特別な人ではありません。自分自身の精神的なケアに注意を払いましょう。いつでも気分がよくなる大好きなことを見つけましょう。少しでも気分が落ち込んだと気付いたら、早めに自分の大好きなことをして気分転換を図りましょう。

 そして最後に、年に一度は必ず健康診断を受けましょう。

(名誉院長 河野 文夫)

 【Back Number】

 いつもご愛読いただき暑く御礼申し上げます。
 さて、「くす通信」は1994年12月から発行を始め、23年をかけ今月号をもって第200号を迎えることができました。これもひとえに皆さまのご厚情の賜物と深く感謝いたします。
 今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。


-*-*-*-*-*-     -*-*-*-*-*-

国立病院機構 熊本医療センター
診療時間 8:30〜17:00
診療受付時間 8:15〜11:00
休診日 土・日曜日および祝日

  急患はいつでも受け付けます。  

 診療科   

■総合医療センター 総合診療科、血液内科、腫瘍内科
  糖尿病・内分泌内科、呼吸器内科、腎臓内科
■消化器病センター 消化器内科
■心臓血管センター 循環器内科、心臓血管外科
■脳神経センター 脳神経外科、神経内科
■感覚器センター 眼科、耳鼻いんこう科、皮膚科
■画像診断・治療センター 放射線科
■救命救急センター 救急科
■精神神経科 ■小児科    ■外科     ■整形外科
■リハビリテーション科 ■泌尿器科     ■産婦人科
■歯科、歯科口腔外科 ■形成外科  ■麻酔科  ■病理診断科