くす通信 | 国立病院機構 熊本医療センター

くす通信

くす(樟)は常緑の広葉樹で、熊本城内に多く見られます。種々の精油成分を含み、良い香りがします。 樟脳をはじめ色々な薬用成分が抽出されるなど有用な 薬用樹でもあります。また、くすし(薬師)とは、医師のことを指し、くすしぶみ(薬師書)は医術に関する書物のことを言います。
本紙はこの「くす」にあやかり、健康な生活を送るために情報を提供しております。お気楽にお読み下さい。