Eメールによる患者紹介について | くまびょうニュース | 国立病院機構 熊本医療センター

Eメールによる患者紹介について

【78号(2003.12)】

Eメールによる患者紹介について

Eメールによる患者紹介 医療のIT化推進の一つとして、インターネットを介した病診連携や患者本人による医療情報の閲覧の開発が試みられています。
 国立熊本病院ではインターネットによる患者紹介メールシステムを平成14年4月1日より始めました。国立熊本病院ホームページより、"初診患者紹介メー ル"、"診療情報提供書メール(再診)"、"放射線科検査予約メール"の3種類のメールを送信できます。忙しい先生方の入力の手間が少しでも省けるように メールのデータ入力画面を準備いたしました。
 使用方法は、国立熊本病院ホームページから、IDとパスワードを入力し患者紹介メールシステムに入ります。データ入力後、送信しますと当院の医療情報室にメールが送信されます。医療情報室より担当医にメール受信の電話連絡を行い、メールを転送いたします。
 また、ご紹介頂いた先生の電子メールアドレス宛に、送信して頂きましたメール内容を"送信内容確認メール"として返信し、メール開封後に"受信連絡メー ル"を送信致します。これらのメールはセキュリティを守るために128ビット暗号化を行い送信され、万全のハッカー対策が行われています。
 平日午後5時以降、土曜日、日曜日、祝日は、事務当直者がメールを開封致しますが、緊急性のあるメールを送信して頂く時は、電話で送信の旨を連絡して下 さるようお願い致します。時間外はメールの開封が遅れることがございます。 患者紹介システムの詳細な説明書をご希望される先生は、下記の医療情報室までご連絡下さい。Eメールあるいは郵送にてお送り致します。
 国立熊本病院医療情報室  
 アドレス:knhjyoho@smile.ocn.ne.jp
 多数のご利用をお待ちしております。
 また、何か問題点がありましたら、ご指摘下さる様お願い申し上げます。

(コンピューター委員会 片渕 茂)

Eメールによる患者紹介