新年のご挨拶 | くまびょうニュース | 国立病院機構 熊本医療センター

新年のご挨拶

【247号(2018.1)】

 新年明けましておめでとうございます。
 昨年中は登録医の先生方をはじめ、医師会および歯科医師会の皆さまには、多大なるご支援をいただき、誠にありがとうございました。おかげさまで、新たな執行部体制ではありましたが病院診療に大きな変化もなく、穏やかな新年を迎えることができました。

 当院には、救命救急センターと地域がん診療連携拠点病院という2つの大きな使命がございます。ご紹介いただきました患者さまのご希望に添った、最善の診療を提供して行きたいと考えています。

 救急医療では、「24時間365日、断らない救急医療」をスローガンに、救急車・救急ヘリの受入れはもちろん、ご紹介いただいた患者さまへの、迅速で正確な診断と治療を心がけています。

 がん診療では、できるだけ低侵襲な内視鏡手術、家から通える外来化学療法、ピンポイントな放射線治療、さらにこれらの治療を組み合わせて、患者さまに寄り添った優しい診療を心がけています。

 今年も、この2つを当院の大きな柱として、登録医の先生方、地域の医療機関と共に熊本県の医療に貢献できますよう努力してまいる所存です。どうぞ宜しくお願い申し上げます。


 

基本理念