職場紹介 リハビリテーション科 | くまびょうニュース | 国立病院機構 熊本医療センター

職場紹介 リハビリテーション科

【222号(2015.12)】

職場紹介 リハビリテーション科

 リハビリテーション科は、脳血管等疾患Ⅱ、運動器Ⅰ、呼吸器Ⅰ、がん患者リハビリ料の施設基準を取得しており、橋本伸朗リハビリ科医長の下、理学療法士6名、作業療法士2名、言語聴覚士2名の10名で運営しております。
 リハビリ対象疾患は、骨折などの整形疾患・脳梗塞などの脳血管疾患が大半を占めておりますが、がん・外科術後・内科疾患等多岐にわたっています。
 術後早期のリハビリ対象者には、土曜日、ゴールデンウイーク、年末年始などもリハビリを提供しております。大腿骨頚部骨折など治療期間が長くなる疾患に対しては、転院先となる回復期施設と連携をとりながら、地域連携クリティカルパスを使用し医療の質と向上に努めています。


田所広太くん をご紹介します。
日頃勤務している彼はまじめで、おとなしいイメージですが、勤務を離れると・・・

 彼の趣味は、野球、ギター演奏で、野球は小学校3年生から始め、高校・大学ともにエースとして活躍していたそうです。現在も当院の野球部にも所属しており、もちろん背番号1。
 また、ギターは中学校から始め、現在密かにバンド活動(ジャンルはAlternative Rock)を行っていて、休日にレコーディングをしたり、不定期ではありますが街中のライブハウスで演奏しているそうです。野球と音楽を通して心と体のリフレッシュを図り、患者様に思いやりのある理学療法を提供している彼です。皆さんも彼のライブに行ってみてはどうですか?