JICA集団研修コース 「病院経営・財務管理」が開始されました | くまびょうニュース | 国立病院機構 熊本医療センター

JICA集団研修コース 「病院経営・財務管理」が開始されました

【219号(2015.9)】

JICA集団研修コース 「病院経営・財務管理」が開始されました

 7月28日~8月23日の1ヶ月間、新しいJICA集団研修コース「病院経営・財務管理」を当院が受け持つことになりました。東欧のアルバニア、コソボ、マケドニア、モルドバの4カ国から11名の研修生が来院されました。各国で保健省の官僚や国立病院の院長・副院長の要職にある方々です。
 研修では日本の医療保健制度、医療行政、医療情報から医療安全、クリティカルパス、地域医療連携、病院機能評価まで病院経営に必要な17講義と、7カ所の医療機関を見学研修します。
 8月4日には熊本県知事、熊本市長への表敬訪問をいたしました。河野院長より、蒲島知事及び大西市長に、「このコースを通じて日本の医療制度を世界に発信することで、熊本が益々グローバル化することに少しでもお役に立てればと考えております。」と挨拶を行ない、お二人からも「当院の救急医療への多大な貢献を述べられ、研修を行う病院としてこれほど適切な場所はない。」とのお言葉を頂きました。
 帰国後は自国に国立病院機構のような医療グループを作ってもらいたいと考え、国立病院機構本部、東京医療センター、災害医療センター、国立国際医療研究センターなども見学します。

(副院長 高橋 毅)


 

基本理念