リソースナース | 国立病院機構 熊本医療センター

更新情報

2018年 7月 26日
追加:
認知症看護認定看護師 宮﨑麻美
脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 知識美幸
透析看護認定看護師 深山美香

院内で活躍するスペシャリストたち

診療看護師 岩崎伊代、香月 麗

 診療看護師(JNP)は、国立病院機構で使用している呼称で「特定の医行為を実施することができる看護職」です。臨床看護経験で培った基盤を元に病態や治療経過等の評価を行い、医師や他職種と連携を図りながら、患者様のQOL向上に必要とされる介入を、総合的、継続的にフォローをしていく看護職です。研修2年目で医学的知識、技術の習得に重きをおいていますが、看護の視点・思考をもったケアの時間も大切であると考えています。今後は、俯瞰した視点・視野を持ち、患者様やご家族へきめ細かいタイムリーなケアを行うためのつなぎ役として、またチーム医療の一員としてフットワーク軽く活動していきたいと思います。


がん看護専門看護師 安永浩子、方尾志津
専門看護師(がん看護)

 がん医療技術や治療が進歩した一方で、長期にわたり患者さんとそのご家族は、治療による副作用や生活への影響、病状の成り行きに関する不安、治療の選択、療養の場の決定などなどさまざまな課題を抱えながら生活しておられます。そのような課題に直面している患者さん、ご家族が安心して医療を受けながら生活出来るよう、気持ちの揺れに寄り添い共に考えていける存在であることを心がけ活動しています。
 また臨床現場の最前線でケアする看護スタッフの相談に応じたり、チーム医療が効果的に実践できるように多職種と協働しています。 スタッフと共に成長し、スタッフがやりがいを感じられるようサポートしていきたいと思います。


リエゾン精神看護専門看護師 川村修司
リエゾン精神看護専門看護師

 リエゾンとは「つなぐ」「橋渡しをする」という意味があり、リエゾン精神看護とは、精神看護の知識と技術を用いて「身体(からだ)とこころをつなぐ」ことにより、身体疾患をもつ患者さんが抱える精神的な問題や課題に対応していく看護領域です。
 急性期医療においては、自らが「まさかこんなことになるなんて」という状況や「病状が悪化してしまった」「なかなか先が見えない」「自分が亡くなるかもしれない」という体験、さらに「家族を失う可能性を告げられる」-。これらはいずれも、それまでの生活から一変してしまうことになります。このような事態を、その人らしく適応できるように(上手くストレスとおつき合いできるように)、医療スタッフとともに専門的な視点でこころの健康を支援しています。
 さらにリエゾンナースは、ナースがいきいきと第一線で活躍できるように、ナースのメンタルヘルス支援、教育的支援に関わっています。
 リエゾンナースは特定の部署に配置されておらず、相談や依頼があった部署に自由に出向き、組織横断的な活動を展開しています。


感染管理認定看護師 益田洋子、田代里美、末永 慎、奥田美良
感染管理認定看護師

 感染管理の専門家として、現在、ICT(Infection Control Team:院内感染対策チーム)の一員となり、実際に院内を巡視し、感染症発生状況の把握、対策の助言、また教育・啓蒙を行い、医療関連感染の低減を目指して活動しています。


がん性疼痛看護認定看護師 大塚美里
がん性疼痛看護認定看護師

 がん患者さんの診断や治療時期から終末期まで、がん性疼痛を有する患者さんに対して全人的な視点でアセスメントをおこない、苦痛を取り除くことでQOLを高められるよう援助に努めています。主な活動として、医師・薬剤師、がん領域の専門看護師・認定看護師と協働し、緩和ケアチームの一員として活動しています。スタッフのがん性疼痛看護における知識や技術のレベルアップが図れ、多くの患者さんやご家族の「痛み」が和らぐよう、サポートに努めていきたいと考えています。


がん化学療法看護認定看護師 矢野真理子
がん化学療法看護認定看護師

 がん化学療法の領域は、治療目的の拡大や、新規化学療法薬の導入、支持療法薬の開発等により日々進歩しています。認定看護師として、薬物の特性や投与に関する知識・技術をもとに、安全・安楽・確実な投与管理の実施に努めています。そして、日々の生活の中で患者さん自身が副作用症状をマネジメントするために必要な知識・技術の提供、患者さんやご家族の意思を尊重したサポートの提供に努めています。


皮膚・排泄ケア認定看護師 田渕 宏、香月 麗
皮膚・排泄ケア認定看護師 皮膚・排泄ケア認定看護師
 創傷・オストミー・失禁ケアに関するコンサルテーション活動を行い、看護の質の向上・患者さんのQOL向上に努めています。主な活動内容としては、退院後の長期的フォローアップとしてのストーマ外来、医師と共に週1回の褥瘡ラウンド(床ずれ)を行い、予防対策に取り組んでいます。

救急看護認定看護師 中嶋美佳、今村裕太、作永江里、甲斐彰(研修中)
認定看護師(救急看護)

 超高齢化社会を迎え、救急車搬送件数は増加の一途をたどっており、救急医療の必要性、重要性が高まっています。「24時間365日断わらない救急」を掲げる当院にも、日々多くの救急搬送患者や重症患者が来院されます。
 救急看護認定看護師は、刻一刻と変化する患者さんの状態の変化を観察し、異常の早期発見に努め、医療ニーズに応えた救急看護を実践しています。また、院内スタッフへのBLS、ICLS、フィジカルアセスメントなどの勉強会を実施し、当院の救急看護の質の向上を目指しています。
 また、突然の疾病や外傷により患者さん及びご家族は心身共に危機的状況に陥り易い状態となります。私たちは、患者さん及びご家族に寄り添い、安心して救急医療が受けられるようにサポートしています。


集中ケア認定看護師 石井香織、前川友成、米野由美
集中ケア認定看護師

 集中ケア認定看護師は、手術や外傷、重症感染症などによって生命の危機状態にある患者およびその家族に対して、細胞レベルからアセスメントを行い、重篤化の回避と早期回復に向けて援助します。その回復過程においては、早期から患者さんの退院後の生活の質を向上させるために、多職種と協働してチーム医療を提供できるよう、そのチーム内で中心的役割を担います。また、活動の場は集中治療領域に留まらず、一般病棟の重症患者に対して、呼吸ケアなどのコンサルテーション活動を行います。
 指導や相談を通して、院内全体の重症患者および家族に対するケアの質を向上させるために活動していきたいと思います。


摂食・嚥下障害看護認定看護師 田平佳苗
摂食・嚥下障害看護認定看護師

 人として「食べること」は生きる楽しみの一つです。しかし、脳血管疾患を始め様々な疾患、加齢、栄養障害などが原因で摂食嚥下障害を引き起こし、「食べたいのに食べれない」という気持ちの患者様や「食べさせたいのに食べさせられない」という思いのご家族と関わる機会は少なくありません。
 摂食・嚥下障害看護は、摂食嚥下機能の評価を行い、適切なリハビリを行いながら、誤嚥性肺炎・窒息などの「食べることによるリスク」、低栄養、脱水、食べる楽しみの喪失など「食べないことによるリスク」に対して、専門的な介入を行います。患者様の持っている力を最大限に引き出し、一人でも多くの患者様の「食への楽しみ」を奪うことなく、安全な食事への援助を行うことができるように他の専門職と協働し、チーム医療としての摂食嚥下リハビリテーションを推進できるように努めていきます。また、スタッフとともに成長し、スタッフがやりがいを感じられるようサポートしていきたいと思います。


脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 上田緋沙美、知識美幸
脳卒中リハビリテーション看護認定看護師・上田緋沙美 脳卒中リハビリテーション看護認定看護師・知識美幸

 脳卒中は、発症後早期から積極的なリハビリテーションを行うことで、合併症を予防し、日常生活動作の向上と社会復帰率を上げることが知られています。
 脳卒中リハビリテーション看護の役割は、急性期の重篤化回避と合併症予防を行い、リハビリテーションのための身体づくりを行うことです。また、脳卒中による後遺症は、意識障害・運動障害・高次脳機能障害など多岐にわたります。障害を抱えた患者様やご家族の理解者となって、生活の再構築に向けた看護実践に取り組んでいきます。
 患者様や御家族は、突然の発症によって生命の危機に直面し、精神的・身体的・経済的負担も加わり、多くの不安を抱かれていると思います。多くの不安を一つずつ解決しながら、患者様やご家族に寄り添っていきたいと思います。


認知症看護認定看護師 志水直子、宮﨑麻美
認知症看護認定看護師・志水直子 認知症看護認定看護師・宮﨑麻美

 超高齢社会を迎え高齢の患者さんはもちろん、認知症の患者さんは増加しています。急性期病院においては、侵襲が強く高度な治療を優先させざるを得ない場面が多く、認知症の患者さんにとっては混乱を招きます。
 また、認知機能の低下によって、自分の意思を伝えたり、表現することが困難となるため周囲のサポートや理解が必要となります。
 認知症看護では認知症の患者さんの意思を尊重し、安心かつ安全な治療を受けることができるよう、看護実践に取り組んでいきます。また早期に元の生活の場に戻ることが出来るよう、多職種やご家族と連携を図りながら調整を行っていきます。


がん放射線療法看護認定看護師 大平ちえみ
脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

 がん放射線療法のメリットは、機能温存が可能であり、QOL向上にも繋がることです。がんの疼痛緩和目的での照射も行われており、放射線療法を選択する患者さんが増えています。
 がん放射線療法看護認定看護師として、多職種が関わるがん放射線療法におけるチーム医療の一員として役割を果たし、放射線療法の原理を理解したうえで治療を安全に完遂できるよう支援していきたいと考えています。放射線療法を受ける患者さんとご家族は、放射線療法がどのような治療なのか、どのような副作用がおこるのか、イメージがつきにくいと思います。放射線療法を受ける患者さんの身体的・心理的・社会的問題を包括的に理解し、がんと共に生きる患者さんとご家族の心に寄り添いながら支援できるように努めていきます。


透析看護認定看護師 深山美香
透析看護認定看護師

 透析を受ける患者様が『その人らしい透析生活』が送れるよう、多職種と協働し支援していきたいと思います。また、外来からの血液透析・腹膜透析・腎移植などの療法選択や意思決定支援にも関わっていきたいと思います。
 腎不全・透析について気軽に相談してください。


ページトップへ