病児・病後児保育室 (職員専用) | 国立病院機構 熊本医療センター

※福利厚生についてはこちら

  • 当院、3階図書室前(旧 院内学級)に、病児・病後児保育室「こぐま」を設置しています。

     国立病院機構は、仕事と子育ての両立を支援するために「ワーク・ライフ。バランス応援ガイドブック」を発行し、職員の皆さんの子育てを支援しています。
     妊産婦の深夜勤務免除、産前産後休暇、妻の出産休暇、男性の育児参加休暇、育児休業、育児時間の取得など、このような制度を多くの職員が利用されています。
     しかし、子どもが病気になると、保育園での保育が困難となり、勤務に出られないことが度々発生します。そんな時、一般の病児・病後児保育室を利用し、何とか勤務されている職員もいらっしゃいますが、どの病児保育室も定員オーバーで利用できないとの声を聞いていました。
     そこで、病児・病後児保育室「こぐま」を設置しました。
     開設当初は、担当の外来看護師さんと受入の判断など迷うこともありましたが、ひとつずつ問題を解決しながら、病児・病後児保育室「こぐま」は成長しています。定員は4人と制限がありますが、毎日、子ども達がにぎやかに過ごしていますので、ご利用されない方も、是非一度のぞいてみて下さい。
病児・病後児保育室「こぐま」の手順
事前登録を申請し、利用する時は前日又は
当日の朝7時までに申し込みます。



  • 病児・病後児保育室の名称募集は、みなさんからの応募で決まりました。

ページトップへ