研修開催 | 国立病院機構 熊本医療センター

レベルⅠ 新人教育研修

 就職したばかりの新人看護師にまず大切なことは、成人学習者として、また社会人として学習を続けていく姿勢を身につけることです。病院・看護部の理念・目標を理解して、熊本医療センターの職員としての自覚を持つことが重要です。先輩看護師やたくさんの人達に支えられながら就職した部署に適応し、看護実践者として必要な知識・技術・態度が習得できるようサポートしています。



【フィジカルアセスメント】

【吸引の技術演習】

 


【採血の技術演習】

【与薬演習】

 


【急変時の対応】

【注射、輸液ポンプ、シリンジポンプ】

 


【リフレッシュ研修(阿蘇にて)】

 


【リフレッシュ研修での学び】

【移乗】

 


【多重課題】

【食事介助・ポジショニング】

 

レベルⅠ

 レベルⅠでは、看護実践に必要な基本的能力を習得する事を目的に、SBAR、退院支援、看護倫理、医療安全研修などの集合教育を行います。受持ち患者の看護実践を通し、多様な価値観、信条、生活背景を持つ人を尊重し、日常の看護実践の中で、自己の課題を解決できるように関わり、「その人らしさを支える看護」を考えていきます。



 

レベルⅡ

 レベルⅡでは、エビデンスに基づいた看護の実践をするために、症状マネジメント、看護倫理、退院支援、医療安全研修などの集合教育を行います。看護の質の向上に向けた専門分野の知識を主体的に学習し、根拠・及び個別性に基づいた看護技術の提供を行い、「受持ち患者の根拠に基づいた看護」を振り返っていきます。また、「実地指導者」の役割を持ち、後輩と共に学んでいきます。



 

レベルⅢ

 レベルⅢでは、個別性を重視した看護の実践、後輩への指導的役割を果たすために、看護研究(基礎)、症例検討、教育担当者の3コースの集合教育を行っています。看護研究(基礎)研修では、研究的視点で看護問題を捉え、解決するための手法を学び、症例検討研修では、専門・認定看護師が主催する研修に参加し、受持ち患者さんへ看護実践に活かしていきます。教育担当者研修では、教育担当者の役割を学び、スタッフの教育支援を考えていきます。レベルⅢでは、「個別性を尊重し、看護の質を向上させるチームメンバーとしての役割」を考え、メンバーシップがとれる柔軟な看護師を育成していきます。



 

レベルⅣ

 レベルⅣでは、後輩の学習を支援すること、チームリーダーとしての役割行動ができるよう、看護研究(実践)、ミドルクラスリーダーシップ、くま輝(ピカッ)ナースの3コースの集合教育を行っています。看護研究(実践)研修では、看護の質の向上に役立つ新しい知見を看護実践に活かすために、看護研究に取り組み、発表を行います。ミドルクラスリーダーシップ研修では、自部署で担っている役割の中で、リーダーシップ論を活用し、取り組みを行います。くま輝(ピカッ)ナース研修では、自己の看護体験を語り、看護の価値について思いを深め、看護実践者としての役割モデルになることができるよう研修を行います。また、受持ち患者さん、ご家族への「意思決定を支える看護とは」を考え振り返りを行います。



 

レベルⅤ

 レベルⅤでは、専門性の発揮、管理・教育的役割モデル、研究への取り組みなど、求められる能力は高くなります。熟練した看護技術の提供、多職種と協働し患者のQOL向上に向けた援助が実践できるようサポートしていきます。レベルⅤでは、「自部署の看護サービスを向上させるために自己の取り組み」として、自主的看護研究に取り組んでいきます。


ページトップへ