各部署紹介 | 国立病院機構 熊本医療センター

各部署紹介

部署名 病床数 診療科
救命救急センター 44  
ICU 6  
5南 50 整形外科
5西 50 腎・泌尿器センター、救急科
6北 46 循環器内科、心臓血管外科
CCU 4  
6東 50 外科
6南 50 血液内科、腫瘍内科
6西 50 糖尿病・内分泌内科、代謝内科、産婦人科、麻酔科、小児科、救急科、呼吸器内科、
総合診療科
7北 50 脳神経外科、神経内科、救急科
7東 50 耳鼻咽喉科、眼科、皮膚科、形成外科、歯科口腔外科、放射線科、救急科
7南 50 精神科
7西 50 消化器内科、感染症
手術室    
中央材料室    
外来    
教育研修室    
医療安全管理室    

救命救急センター

救命救急センター

看護師長 副看護師長 看護スタッフ
沖田 典子 坂本 香代
有江 美紅
今村 祐太
冨永 啓史
作永 江里
看護師
ナースエイドA(旧看護助手)
ナースエイドB(旧病棟クラーク)
 救命救急センターでは、救急車やヘリコプターによる搬送患者、他院からの重症の紹介患者に対する集中治療を行っています。災害発生時には、44床の定床から88床の2倍の患者受け入れを可能とする医療ガス設備を有しています。全診療科(歯科口腔外科以外)の救急患者の受け入れを行っており、特に脳卒中、重症肺炎などによる呼吸不全患者や外傷患者が多く、敗血症、腎不全、心不全、薬物中毒、腹部外科など緊急手術を必要とする患者の受け入れも行っています。看護師は、看護師長、副看護師長を含め111名が在籍し、救急看護認定看護師を中心に熟練した看護技術と知識を用いて質の高い看護の提供に心がけています。平成29年度の平均在院日数9.0日で、急性期症状改善後、後方の一般病棟へ引き継ぎ継続看護を提供しています。治療・処置は、常に多くの診療科の医師やメディカルスタッフと協力し、患者様、ご家族の立場に立った関わりを大切に日々の看護を提供しています。  

▲このページのトップへ


ICU

icu

看護師長 副看護師長 看護スタッフ
竹下 弘子 前川 友成 看護師
 ICUは、敗血症や多発外傷などで生命の危機状態に陥り、集中ケアを必要とする重症患者を対象に受け入れています。看護の特徴として患者の病状が重篤化しないように厳密な観察を行い、入院したことでADLやQOLを低下させないことを目的に、早期からリハビリを行い二次的合併症の予防に努めています。医師や薬剤師、理学療法士、臨床工学技士など多職種と密な連携を図る事で質の高い集中ケアを目指しています。
 また、常に患者家族に寄り添い、精神的支援、社会資源活用の支援を含めた家族看護にも力を入れています。

▲このページのトップへ


5南

看護師長 副看護師長 看護スタッフ
城 芳恵 田代 里美
西村 昌修
看護師
ナースエイドA(旧看護助手)
ナースエイドB(旧病棟クラーク)
 変形性関節症や脊椎疾患および交通事故や転倒により突発的に受傷した緊急入院を受け入れています。高齢社会に伴い100歳以上の手術や合併症患者(糖尿病、心疾患、透析、認知症等)の手術も多く、最新の治療技術を取り入れ二次合併症の予防や危険防止に努め早期離床を進めています。また、大腿骨頸部骨折の地域連携クリティカルパスを運用して回復期病院の医師・看護師・理学療法士・作業療法士・医療ソーシャルワーカーとの垣根を越えたチーム医療を提供し、信頼される技術・ケアの向上を目指して頑張っています。

▲このページのトップへ


5西

看護師長 副看護師長 看護スタッフ
池田 としえ 深山 美香
岩重 夏海
看護師
ナースエイドA(旧看護助手)
ナースエイドB(旧病棟クラーク)
 腎臓内科、泌尿器科、救急科50床、血液浄化センター20床を併設し手術療法、化学療法、放射線療法、ホルモン療法、透析療法、緩和ケアと治療内容は多岐にわたっています。皮膚、排泄ケアの認定看護師と連携した尿路変更術後のストマケア指導をしており、尿路変更術を行った患者集会を開催しています。血液浄化センターは透析療法従事職員の研修指定施設にもなっております。血液浄化センター勤務看護師の大半はこの研修を修了した看護師で構成されており、患者指導だけでなく、研修生、看護学生等の指導にも力を入れています。「優しさと責任ある看護」をモットーに患者さまへ快適な療養生活の場を提供できるよう、スタッフ一同、日々頑張っています。

▲このページのトップへ


6北

6階北

看護師長 副看護師長 看護スタッフ
三浦 久美子 益田 洋子
大野 智和
米野 由美(CCU)
看護師
ナースエイドA(旧看護助手)
ナースエイドB(旧病棟クラーク)
 大動脈解離や大動脈瘤などの心臓血管外科疾患や急性心筋梗塞や不安定狭心症など循環器疾患患者を受け入れ、治療から心臓リハビリテーションまで行っています。集中管理が必要な重症患者をCCUで受け入れ、呼吸循環動態の変化に対し細やかな観察を行うとともに、患者及び家族への精神的なケアに充分配慮することを心がけています。迅速かつ適切な対応が出来るように日々研鑽を重ね、安全で質の高い看護が提供できるようスタッフ全員で取り組んでいます。

▲このページのトップへ


6東

6階東

看護師長 副看護師長 看護スタッフ
清田 喜代美 末永 慎
安田 多恵子
看護師
ナースエイドA(旧看護助手)
ナースエイドB(旧病棟クラーク)
 消化器外科・肝臓外科・呼吸器外科・乳腺外科と外科全般を取り扱います。主に手術療法、化学療法の方が入院されています。
 19床の有料個室があり、手術後や化学療法中ゆっくり過ごして頂ける療養環境を有しています。
 看護は、患者や家族の皆様が、手術前・後を安心して治療を受けていただけるよう医師、コメディカルを含んだチームでのケアを実践しています。化学療法を受ける患者への安楽を目指したケアの充実にも努力しています。

▲このページのトップへ


6南

6階南

看護師長 副看護師長 看護スタッフ
藤戸 邦子 西山 慎吾
吉田 麻衣子
看護師
ナースエイドA(旧看護助手)
ナースエイドB(旧病棟クラーク)
 急性白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの血液疾患に対し、同種(骨髄、末梢血、臍帯血)移植、自家移植、化学療法などが実施されています。無菌エリア(29床)があり、積極的に移植を受け入れています。長期療養を要し、患者・家族とも精神的、肉体的な苦痛を伴うため、医師・看護師はもちろん、歯科医師・薬剤師・栄養士でチームワークを発揮し、きめ細やかな看護を提供できるよう努めています。

▲このページのトップへ


6西

看護師長 副看護師長 看護スタッフ
福田 純子 松原 愛美
山口 直美
看護師
ナースエイドA(旧看護助手)
ナースエイドB(旧病棟クラーク)
 当病棟は小児科、産婦人科、糖尿病・内分泌内科、呼吸器内科、総合診療科、腫瘍内科、救急科を含む混合病棟です。
 小児科は、アレルギーや一般感染症の小児に対して正常な成長発達を促しながら、家族を含めた援助に努めています。産婦人科は、手術や化学療法、放射線療法などの治療を目的に入院される患者さまの身体面でのケアのみならず、精神面へのケアにも力を入れています。糖尿病・内分泌内科では、糖尿病や妊娠糖尿病の教育入院、電解質バランスの是正などを治療目的に入院されます。総合診療科では自己免疫疾患、膠原病による治療や症状緩和を目的としています。呼吸器内科は肺癌や肺炎等呼吸器疾患の患者さまに対し、呼吸状態の管理を行っています。腫瘍内科では婦人科、外科での術後の悪性疾患に対して化学療法や痛みや吐き気等の症状に対する症状緩和に努めています。それぞれの診療科の特色を生かしながら、笑顔で明るく、看護の充実に努めています。

▲このページのトップへ


7北

看護師長 副看護師長 看護スタッフ
山田 里香 上田 緋沙美 看護師
ナースエイドA(旧看護助手)
ナースエイドB(旧病棟クラーク)
 当病棟は、脳神経外科、神経内科、救急科の病棟です。脳神経外科では脳出血、くも膜下出血、慢性硬膜下血腫患者の術前から術後を通じて、神経内科では脳梗塞やTIA、髄膜炎などの患者の看護を行っています。脳卒中疾患では言語障害や運動障害・意識障害などを症状とし、急性期では病状が不安定なため密な観察及び呼吸・循環・全身の管理、看護を行い、異常の早期発見に努めています。疾患の特性から日常生活援助に関わるところも多く、本人・家族の不安も強いため、精神的・身体的・社会的ニーズに応じた細やかな援助ができるよう、多職種との連携を図っています。

▲このページのトップへ


7東

7階東

看護師長 副看護師長 看護スタッフ
後藤 みゆき 川竹 美恵
西野 一史
看護師
ナースエイドA(旧看護助手)
ナースエイドB(旧病棟クラーク)
 眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、形成外科、歯科口腔外科、救急部の病棟です。
 眼科では、白内障の手術を受ける患者に安全な療養環境を提供し、安心して手術が受けられるように援助しています。
 耳鼻咽喉科では、喉頭摘出術や上顎、下顎の皮弁形成術により失声や顔貌の変化を伴う治療が多いため、手術後の生活を視野に入れ患者様と共に考える看護を心がけています。
 皮膚科、形成外科では、ボディイメージの変化に対しての精神的な援助と共に皮膚状態の改善、感染防止に努めています。
 歯科口腔外科では、埋伏歯の抜歯をはじめ上顎、下顎の嚢胞腫や骨膜炎の手術を受ける患者の症状を緩和し少しでも安楽な生活が送れるような看護を心がけています。
 救急部は救急外来、救命病棟との連携を取りながら安心して日常生活が送れるよう援助 をしています。安心して療養生活を送っていただけるよう笑顔と質の高い看護を心がけています。

▲このページのトップへ


7南

7階南

看護師長 副看護師長 看護スタッフ
川邑 佳春 三隅 夕子
佐々木 主一
看護師
ナースエイドA(旧看護助手)
ナースエイドB(旧病棟クラーク)
 精神疾患および精神疾患に身体合併症を併発した患者の急性期医療を行っており、緊急入院が多い病棟です。熊本県身体合併症救急医療確保事業の「地域搬送受入対応施設」に指定されており、各診療科からの受け入れ、身体合併症のなかでも手術目的の方が多く入院されます。患者やご家族の立場に立ち心身が速やかに回復されるよう、”関わり”を大切にし、他職種との連携を図り看護にあたっています。また、救急救命センターと連携し、定期的に学習会を開催しています。

▲このページのトップへ


7西

7階西

看護師長 副看護師長 看護スタッフ
出口 恵美 大塚 美里
牧野 由希
看護師
ナースエイドA(旧看護助手)
ナースエイドB(旧病棟クラーク)
 消化器内科病棟です。1泊2日の検査入院から、内視鏡治療、ラジオ波焼灼などの特殊な治療、インターフェロン療法の導入、悪性腫瘍の化学療法や放射線治療など、治療の範囲は多岐にわたっています。
 緑多い藤崎台や新町界隈を望む病床の4割が個室となり落ち着いた療養環境を提供しています。患者様だけでなく家族の方にも安心して入院生活を送っていただけるような病棟をめざし、チームで力を合わせて頑張っています。

▲このページのトップへ


手術室

手術室

看護師長 副看護師長 看護スタッフ
福本 佐百合 松永 智樹
宮本 美季
看護師
 当院の「24時間365日、断らない救急医療」に対応して、約700例の緊急手術を含め、年間約5040例の手術を行っています。
 がん治療にも力を入れており、外科は消化器系がんを中心に内視鏡下手術を多く取り入れ、泌尿器科は膀胱がん手術、婦人科の子宮がんなどは、全国的にも症例数が多いのが特徴です。また、整形外科は人工関節置換や脊椎、下肢骨折手術を中心に年間約1133例の手術、脳神経外科、心臓血管外科等、緊急性の高い手術も行っています。形成外科では、広範囲熱傷や顔面など外傷治療手術と共に、形態・機能異常の修復改善を目的とした手術で患者様のQOLをサポートしています。この他、腎臓内科、眼科、耳鼻科、皮膚科、歯科等、15診療科の手術を行っています。
 手術室では「優しさと思いやりの心で安全と安心」をモットーに、スタッフ一丸となって取り組んでいます。

▲このページのトップへ


中央材料室

看護師長
竹下 弘子
 中央材料室では、ウォシャーディスインフェクター3台、オートクレーブ4台、EOG滅菌器2台、ステラッド1台を備えています。外来、病棟、手術室で使用する医療材料、医療器機の洗浄、消毒、滅菌が主な業務です。質の保証を第一に滅菌物の提供をしています。

▲このページのトップへ


外来

外来

看護師長 副看護師長 看護スタッフ
森山 ひろみ 岩下 周子
矢野 真理子
看護師
外来クラーク
 外来は、患者の全体像を速やかに把握し、適切な情報によって診療が受けられるように心がけています。33の診療科に加え、平成30年度からリンパ浮腫外来、禁煙外来を開設しました。また、ストーマ外来、緩和ケア外来、乳腺外来の専門外来では、患者の要望や選択を尊重し質の高い看護を提供しています。外来化学療法センターでは、患者がQOL(生活の質)を維持し安心して治療を受けられるように、専門的な知識・技術を持った看護師と他職種が連携して対応をしています。患者一人一人に満足していただけるよう、優しい笑顔ときめ細やかな配慮で看護サービスの提供を行っています。

▲このページのトップへ


教育研修室

看護師長:教育研修係長
榊原 チハル
 当院は、地域の医療機関との連携をはかりながら、救急医療・政策医療に取り組んでいます。そのため、常に、高い水準の知識と技術と豊かな人間性を備えた医療者の育成が必須であり、期待に応えることができる人材の育成を目指し、教育研修を企画運営しています。看護部では、アクティナースに添った経年別教育にて看護師としての基盤を固めた後、専門職として、自らキャリアアップ(能力開発)していくことができるように、専門コースをはじめとした各種研修を企画し、随時教育支援を行っています。

▲このページのトップへ


医療安全管理室

医療安全管理室は、医療安全と感染制御に分かれています。

構成メンバー:医療安全管理室長(副院長)
<医療安全室>

医薬品安全管理責任者(薬剤部長)
医療機器保守管理責任者(臨床工学技士長)
医療安全管理係長(看護師長)
各部署医療安全推進者 49名
皮膚排泄ケア認定看護師(副看護師長)

<感染制御室>

感染制御室長(ICD)
感染管理認定看護師(副看護師長)
感染管理認定看護師
感染制御認定臨床微生物検査技師
薬剤師


医療安全管理室の業務内容

  1.  インシデントレポートの報告を受け、状況の確認や対応、改善策を検討しています。
     職員の方々から報告いただいたインシデントレポートを取り上げ、組織横断的に対策を立案し、現場への周知を行います。また、医療安全管理マニュアルの改訂や追加などを定期的に実施しています。
  2. 医療安全研修の企画・実施
     全職員を対象に年2回以上の医療安全研修を行っています。院内で発生した事例をもとに、患者誤認やコミュニケーションエラーなど、事例や場面を想定した興味ある研修を企画します。その他、看護師、医師、委託職員など、対象別に「医療機器研修」、「薬剤の安全」や「接遇と医療安全」などを開催しています。
  3. 委員会活動
     医療安全管理委員会と、その作業部会としてリスクマネージメント部会を月に1回開催しています。リスクマネージメント部会では、①患者誤認防止対策 ②指示出し・指示受けの検討 ②転倒転落防止対策 ④チューブ管理について、現場で実践できる対策を検討し周知を行っています。
  4. 院内ラウンド
     インシデントレポートの報告から、実際の現場でどのように業務が実施されているか確認しています。また対策や周知された内容が実施されているか確認をしています。

感染制御室の役割

 感染制御室は、医療関連感染の発生を防止すること、発生した感染症が拡大しないように原因を速やかに特定、制圧、終息することを目的に活動しています。

  1. 感染対策チーム(ICT)の活動
    毎週木曜日にICTのミーティングを行い、院内ラウンドを実施しています。
    現場で発生した問題に対して、改善に関する介入、現場の教育・啓発をおこなうとともに、アウトブレイク又は異常発生の可能性がある場合は臨時にICTラウンドをおこないます。
  2. 感染に関する情報やデータ収集
    ・薬剤耐性菌検出患者の状態確認
    ・抗菌薬使用状況確認
    ・サーベイランス
  3. 感染症発生状況の確認、アウトブレイク対応
  4. 委員会活動
    院内感染対策委員会を月に1回開催し、院内における細菌及びウイルスの検出状況、職員の定期健診(職業感染予防)に関すること、各部門における洗浄・消毒・滅菌、無菌操作に関すること、院内感染にかかる調査及び点検などについて報告、検討しています。
  5. 院内感染対策研修会の開催
    全職員を対象に年2回の院内感染対策研修を行っています。
  6. 教育・啓蒙活動
  7. マニュアル作成・改訂

活動風景

医療安全研修
ICTラウンド

ページトップへ