メディアでの紹介情報 | 新聞 (2015年3月1日-2015年10月26日) | 病院について | 国立病院機構 熊本医療センター

メディアでの紹介情報 | 新聞 (2015年3月1日-2015年10月26日)

新聞

国立熊本病院で初めて行われた心臓外科手術 2015年10月26日付 熊本日日新聞

10月26日の「きょうの歴史」のコーナーで、1971(昭和46)年に、当院で初の心臓外科手術に成功したことについて掲載されました。

造血幹細胞移植(下) 5年生存率、確実に向上 2015年10月14日付 熊本日日新聞 夕刊

「ことばの点滴」コーナーで、日髙道弘血液内科部長が造血幹細胞移植についての取材に応えました。

造血幹細胞移植(上) 治療の選択肢広がる 2015年10月7日付 熊本日日新聞 夕刊

「ことばの点滴」コーナーで、日髙道弘血液内科部長が造血幹細胞移植についての取材に応えました。

出づらい症状、突然発症 2015年9月30日付 熊本日日新聞 夕刊

「ことばの点滴」コーナーで、日髙道弘血液内科部長が血液のがん(白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫)についての取材に応えました。

中東欧の医師ら救急業務を学ぶ 2015年8月18日付 熊本日日新聞

国際協力機構(JICA)の研修事業(病院経営について)が当院で実施されることが掲載されました

高温多湿 サウナ状態か 2015年7月11日付 熊本日日新聞

「竜南中 26人熱中症疑い」という記事に関連して、熊本市で2日続けて体育館にいた生徒が熱中症の疑いで集団搬送されたことについての取材に、高橋毅副院長が応えました。

高額医療費 患者は苦悩 2015年6月26日付 熊本日日新聞

日髙道弘血液内科部長が、慢性骨髄性白血病の患者・家族会「いずみの会」の交流会で、“服薬中止の臨床試験に期待”という内容の講演の模様が掲載されました。

熊本県の救急医療体制 2015年6月19日付 朝日新聞

熊本県の救急医療体制~ひとりでも多くの命を救うために~というテーマで、高橋 毅副院長が他の基幹病院の先生方との座談会の模様が掲載されました。

食物アレルギー(4) 安心できる診療体制に 2015年6月3日付 熊本日日新聞 夕刊

「ことばの点滴」コーナーで、食物アレルギーについて緒方美佳小児科医師が取材に応えました

食物アレルギー(3) 緊急対応 迷わずに 2015年5月27日付 熊本日日新聞 夕刊

「ことばの点滴」コーナーで、食物アレルギーについて緒方美佳小児科医師が取材に応えました

がんと生きる 2015年5月23日付 読売新聞

安永がん看護専門看護師が出演した2015年4月11日に開催されたフォーラム 「がんと生きる~こころとからだ 私らしく~」 のパネルディスカッションの模様が掲載されました

食物アレルギー(2) 原因除去 必要最小限に 2015年5月20日付 熊本日日新聞 夕刊

「ことばの点滴」コーナーで、食物アレルギーについて緒方美佳小児科医師が取材に応えました

がん経験者によるピアサポート 2015年5月19日付 毎日新聞

「医療・福祉情報」コーナーで、当院で開催される「おしゃべり相談室」毎月第1火曜13時~15時 が掲載されました

食物アレルギー(1) 負荷試験で原因特定を 2015年5月13日付 熊本日日新聞 夕刊

「ことばの点滴」コーナーで、食物アレルギーについて緒方美佳小児科医師が取材に応えました

脳死臓器提供 移植手術が終了 2015年3月6日付 熊本日日新聞

県内外4病院

移植医療新たな一歩 熊本医療センター 2015年3月5日付 熊本日日新聞

県内初の脳死判定臓器提供 受入体制整備課題

臓器摘出手術が終了 熊本医療センター 2015年3月5日付 熊本日日新聞

ヘリなどで移植施設へ

臓器摘出無事終了 熊本医療センター 2015年3月4日付 熊本日日新聞 夕刊

ヘリなどで移植施設へ

脳死で臓器提供 熊本医療センター 2015年3月4日付 熊本日日新聞

3月3日9時3分、臓器移植法に基づき脳死と判定。20代男性、家族が承諾

病院の実力「膀胱・腎細胞がん」 2015年3月1日付 読売新聞

読売新聞調べによる医療機関別治療実績で、「膀胱・腎細胞がん」の当院の実績が掲載されました


ページトップへ