身体障害者補助犬について | 病院について | 国立病院機構 熊本医療センター

身体障害者補助犬について


 身体障害者補助犬は、目や耳や手足に障害のある方の生活をお手伝いする、「盲導犬」・「聴導犬」・「介助犬」のことです。当院では、身体障害者補助犬をご使用される方が安心して当院をご利用していただけるよう、ご理解とご協力をお願いしております。
 しかしながら、当院には様々な症状の方が受診されており、特に免疫力・抵抗力が低下している患者様や、アレルギーをお持ちの患者様など影響が出る可能性がある方も多数来院されております。そこで、身体障害者補助犬をご使用される方の来院に関して、以下の通り一定の制限を設けさせていただいております。

院内への身体障害者補助犬の帯同範囲は、次の範囲とさせていただきます。

帯同できる範囲 <外来>
・正面玄関、待合室、診察室、ホスピタルストリート、エレベーター
<入院>
・病棟での面会はデイルームでお願いします。
(※入院の場合、原則補助犬の帯同はご遠慮いただいております。)
帯同できない範囲 ・手術室、無菌室、栄養管理室、中央材料室、放射線部門
・病室(お見舞いの場合、入院受付・時間外受付にお声をお掛けください。)

また、お近くにアレルギーをお持ちの患者様がいる場合や、犬を怖がる方がいる場合など、状況を判断して帯同をお断りする場合があります。その他ご不明な点は、総合案内や当院職員にお気軽にお尋ねください。

ほじょ犬もっと知ってBOOK

「リーフレット.PDF」ダウンロード(2.99MB)

ページトップへ